上村ゆかり

記事一覧(135)

愛犬のためのメディカルアロマ

久しぶりの更新です。やっと皆様に紹介することができたという感じです。愛犬の健康生活を応援するためメディカルアロマの勉強をしてきました。もちろん、当店の愛犬に協力してもらったり、私自身も使って検証してきました。ここで、メディカルアロマと一般のアロマの違いを伝えますね。メディカルアロマは精油の成分に着目(精油のもつ薬理作用)し、自然治癒力向上を目指すのに対し、一般のアロマは香りに重視でリラクゼーション目的です。一般のアロマでは、エタノールを使うことも多く、キャリアオイルを使うこともしばしば。メディカルアロマでは、エタノールを使うことはなく、基材も体の吸収や影響を考えてレシピをつくります。また、動物に対してつかうものだから、特に精油は安全性が高いもの(農薬などの検査分析表がついたもの)を準備しております。そもそもペットのためのメディカルアロマを学ぶきっかけとなったのは、苦い経験からです。皮膚トラブルで患っていたわんちゃんに対し、フード改善での呼びかけしかできず、フード購入していただいたにもかかわらず、皮膚トラブルがでてしまったことです。たしかにフードを良いものに変えることは、体質改善につながり、最終的にトラブル解消にはなりますが、時間がかかるということが問題です。痒くてしんどいときにそれをすぐに緩和する方法が見当たりませんでした。ただ、一般のアロマの知識があったので、皮膚トラブルに役立つ精油なら体に負担をかけない方法で、緩和することが期待できると思い、ペット向けのメディカルアロマを勉強しました。私が学んだ日本メディカルアロマ協会では、動物病院や病院での臨床結果データを勉強会でみました。ただ、お客様におススメするためには、自分の愛犬で使ってみてどうか、自分で使ってみてどうかを判断する必要がありました。私にとっては満足いく結果でした。私は、治療家ではないので、治療として提供できません。ホームケアの一環として、お使いいただけるようレシピを作り、精油や機材を準備しておりますので、気になる方は、一度試していただけたらと思います。

供血犬!?ってご存知ですか?

久しぶりのブログ更新です。フォローしていただいている方、訪問してブログを見ていただいている方、ありがとうございます。さて、そんな皆様、供血犬って言葉をしっていますか?私は友人のブログをみてはじめてしりました。ブログでは、知人の愛犬が溶血性貧血のため、輸血が必要ということでした。動物病院で輸血を必要とした場合、血を提供してくれる犬で動物病院でも急に必要になった場合にそなえて飼われているわんちゃんもいるらしいです。供血犬としてドナー登録を行っている病院もあるそうです。ただ、すべてのわんちゃんが献血できるかっといったら、そうではないです。大型犬というところだったり、体重20kg、25kg以上という体重も一定量ないといけないところもあります。また、ノミとかダニとかいないとか。ただ、輸血が必要とされるわんちゃんの病気も多いです。また、輸血ができないため、輸血なしの治療法を選択せざるを得ない場合があります。犬の場合の輸血は、人間と違って保存ができないという点です。輸血を行うにも、提供してくれる犬の飼い主さんの協力が必要不可欠です。しかし、最近頻発して、供血犬のお願いをされる飼い主さんの切実な訴えをFBでもよく見かけます。私のしる範囲で輸血を必要とする犬種NO1はトイプードルでした。あくまでも私の知人友人関係での話です。私も散歩をさせているとよくあいさつするのは、トイプードルちゃんと飼い主さんです。他人事とはおもえないので、近くの動物病院で供血犬で我が家のピックがなれるかどうか尋ねてみようと思います。供血した日はたくさんお肉やらないとね。以下はペットスマイルニュースfor わんちゃんの記事からです。http://psnews.jp/dog/p/33992/ちなみに犬の血液型って、、、。犬の血液型はDEA型(Dog Erythrocyte Antigen)=犬赤血球抗原という赤血球の型で決まり、日本では9種類の血液型が存在するそうです。犬の輸血についてですが、急な輸血の場合は犬の血液に重度の副作用や拒否反応を起こすDEA1.1型が含まれているかのチェックをします。ありがたいことに、犬は血液型のパターンが豊富なため、これを避ければ輸血が可能となるわけです。もし、興味のある方は一度かかりつけの獣医師さんにご相談ください。私もピックを獣医師さんとこにつれていったとき報告します。

外耳炎について(後篇)

おはようございます。9月ももう後半にさしかかろうとしていますね。近くの中学校では体育祭が日曜日あっていました。さて、今日は外耳炎の後編。ここでは、ホリスティック医療に少し着目してみたいと思います。まずは獣医師さん指示に従って、適切な処置をしてもらいます。そのあとのことですが、治療をしていく中で、有効だと思うのは、ストレスを緩和してくれるマッサージです。これは、どの外耳炎においてもおススkうすメできるホリスティック医療だと思います。次は、薬を服用しながら、食の改善から体質改善を考えてあげるのもひとつだと思います。体質的なものによるものが原因の場合。ドッグフードの見直し又は薬膳など。続いて、ステロイド投薬に関わるものとしては、メディカルアロマを使ったケアで、薬を減らしていく、又は強いものを使わなくてよいようにするという考え方もあるのではないでしょうか。最後に環境ですね。掃除や温度調整、体のケアを日頃からしてあげることは、異変に気付くのが早いかもしれません。といいつつ私は特に掃除があまりできてないので、あくまでも理想です。かいて今回ホリスティック医療について書いたのは、病気との向き合い方もいろいろあるということをしっていただければという思いからです。それでは、今日も素敵な一日を。

犬の外耳炎(前編)

おはようございますやっと朝が涼しくなりましたね。さて、今日はずっと気になっていた犬の外耳炎について、考えてみたいと思います。そもそも外耳炎といっても、原因は様々。もちろん、処置の仕方も違いますよね。では、原因の多いものはつぎの通りです。1.犬がアトピー性皮膚炎あるいは食物アレルギー2.耳の中で細菌や真菌などの繁殖によるもの3.腫瘍や異物などが耳の中に入ってしまって起きる炎症性疾患4.ホルモン異常によるもの5.耳の中のケア不足そこで、これらは原因が違うので、動物病院でも処置の仕方がかわるということです。例えば、1の場合ですと、犬がアトピー性皮膚炎や食物アレルギーなら、フードの見直しやケアが薬の他に重要になってきます。2の場合は、真菌などに効くものを処方されるますよね。ですから、外耳炎ですと言われた場合、何が原因かを獣医師の先生にきいて、ホームケアとしてできることがあれば、尋ねてみるというのもいかがでしょうか。あと、わんちゃんのサインですが、以下のことを参照にしてください。頭を激しく振る行為をする耳をよく掻く耳が腫れる耳から臭いのきつい垢がでてくる(茶色い垢や黒い垢)耳垢がべとべとしている外耳道の皮膚が分厚くなる耳の中に湿疹ができる耳を触るのを嫌がる今回参照したHPはわんちゃんポンポですが、もっと詳しいかなと思ったHPはどうぶつ耳科専門クリニック主の枝 http://www.sugimura-animal-clinic.com/report/です。よかったら、一度みていただきたいなと思います。後編は、ホリスティック医療の点から少しだけ考えてみたいと思います。では、今日も元気で(#^.^#)

震災後のわんちゃん、ねこちゃんたちの症状及びマッサージ

おはようございます。今日も涼しい朝でしたね。すっかり秋が来た気配がしますが、知人いわくまた暑くなるそうですね。さて、今日は震災後のわんちゃん、ねこちゃんたちの症状をお伝えします。資料は、日本ペットマッサージ協会のものです。(震災日からの犬猫の様子)震える、食欲不振、下痢(余震が続き、約ひと月たった後の犬猫の様子)ふけのなかった犬も福家が出る一部の被毛がごっそり抜ける嘔吐する過敏になって吠える隅に隠れて出てこない食欲がないくるくる回りながら吠える以上のような様子がみられるそうです。もちろん、獣医師さんにみせれるじょうたいであれば、そちらが一番かと思います。では、何もない状態だけど、愛犬・愛猫になにかストレス解消してあげたいっていったときは、この一つをためしに行ってください。丹田という場所になります。みぞおちから、おへその少し下あたりに丹田があるのですが、円を描くようにくるくるっとマッサージしてあげてください。大きく描く感じもいいですし、小さくくるくるくるっとしても大丈夫です。現在、スマイルメーカーシュウでは、この資料を配布しておりますので、気になる方は、どうぞご連絡くださいませ。また、ストレスを感じやすい愛犬・愛猫向けのアロマも11月以降に入荷します。お待ちくださいませ。