もし、愛犬が熱中症に罹ったら。

おはようございます。

昨日は台風がひどくなくてよかったです。しかも今日は曇り空で風がありました。

わんちゃんにとっては散歩しやすい天候かなと。

さて、最近TVで熱中症で病院に搬送される方がぞくぞくといらっしゃいますよね。

今年の暑さは半端ないです。

わんちゃんが車内で熱中症にかかり死亡というニュースもありました。

車内放置だったので、記事として取り上げられることが大きかったですね。

もし、散歩中に熱中症になってしまったら、ということでお伝えします。

まず、わんちゃんの場合の熱中症にかかったという初期症状ですが、「体温が40~41℃以上に上昇し、呼吸数と心拍数が増加します。暑いところに連れだしたり、暑い日に閉め切った部屋などでお留守番させた後、なかなかパンディングがおさまらなければ熱中症にかかっている可能性があります。」

ここで、成犬の場合の1分間の呼吸数は10~20回 脈拍数は 70回~100回が正常値です。

体調が良い時に一度測っておくと異常かどうか判断しやすいです。

熱中症にかかったら、もちろん動物病院へですが、それまでも苦しんでいるので、応急処置として、

ぬれたタオルで体全体を巻いて体を冷やしてくださいね。ただし、心臓近くにいきなり冷たい水をかけたりするのは避けてください。

また、家に帰りつく前に体調がわるくなることも想定されますので、水とタオルを持って散歩にいかれることもおススメします。

HPで犬の熱中症の記事がありましたので、ご興味がある方は一度ご覧くださいね。

犬の熱中症は命の危険も!初期症状を見逃さないで! | ワンペディア

人間と同じように、犬も熱中症にかかります。蒸し暑い室内や閉め切った車の中でのお留守番、激しい暑さの中でのお散歩は、熱中症を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。 熱中症は対処が遅れると死に至るケースもあるため、絶対に軽視してはいけません。しかし、きちんと対処をしていれば防げるので、正しい知識を身につけて、予防を徹底することが大切です。ここでは熱中症のメカニズムから予防方法について解説します。 熱中症とは からだが高温多湿な環境に適応できず、体温をうまく下げることができないでいると、全身の臓器の働きが鈍くなる障害を引き起こします。これを熱中症と言います。 いつ熱中症になるの? 犬の場合は6~8月の間、そして午前よりも午後のほうが熱中症にかかりやすいとされています。特に暑い日と涼しい日を繰り返す時期は注意が必要です。 高温多湿な環境に一定時間いると、からだは暑さに順応できるようになります。犬の場合、60日ほどでからだは暑さに慣れていきます。しかし、まだからだが暑さに順応できていない時期は、より低い温度で熱中症を発症しやすくなるので、特に初夏は気を付けなければなりません。 また、同じ気温であっても、湿度が高いか低いか、風があるかどうか、地面や建物からの放射熱があるかどうか等の要因も大きく影響します。無風状態で湿度が高い場合や、地面からの照り返しが強い場合も、より低い気温で熱中症を引き起こしやすくなるため、気温以外の要因にも注意をする必要があります。 熱中症になるとどうなるの? 過度な運動をしたり、高温多湿な環境下に長時間いると、体温が上昇しますよね。人の場合は汗をかくことで体温調整をしますが、犬はハァハァという口呼吸(パンディング)によって体温調整を行います。しかし、パンディングだけでは追いつかないほどの熱が体内にたまってしまうと、からだは高体温の状態となってしまいます。からだを構成している細胞や臓器は、高体温の状態では働きが鈍くなるため、結果、全身の臓器の動きが鈍くなり、場合によっては死に至るのです。 熱中症の症状 初期症状の見分け方 体温が40~41℃以上に上昇し、呼吸数と心拍数が増加します。暑いところに連れだしたり、暑い日に閉め切った部屋などでお留守番させた後、なかなかパンディングがおさまらなければ熱中症にかかっている可能性があります。

ワンペディア

では、今日も一日楽しく!







smile maker shu

スマイルメーカーシュウでは、飼い主様・ペットの心身ともに健康であることのお手伝いをさせていただく事業を行っています。飼い主様・人様向けにリラクゼーション事業をペット向けにはペットシッター、マッサージ、フード販売を行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000