犬の外耳炎(前編)

おはようございます

やっと朝が涼しくなりましたね。

さて、今日はずっと気になっていた犬の外耳炎について、考えてみたいと思います。

そもそも外耳炎といっても、原因は様々。もちろん、処置の仕方も違いますよね。

では、原因の多いものはつぎの通りです。

1.犬がアトピー性皮膚炎あるいは食物アレルギー

2.耳の中で細菌や真菌などの繁殖によるもの

3.腫瘍や異物などが耳の中に入ってしまって起きる炎症性疾患

4.ホルモン異常によるもの

5.耳の中のケア不足

そこで、これらは原因が違うので、動物病院でも処置の仕方がかわるということです。

例えば、1の場合ですと、犬がアトピー性皮膚炎や食物アレルギーなら、フードの見直しやケアが薬の他に重要になってきます。

2の場合は、真菌などに効くものを処方されるますよね。

ですから、外耳炎ですと言われた場合、何が原因かを獣医師の先生にきいて、ホームケアとしてでき

ることがあれば、尋ねてみるというのもいかがでしょうか。

あと、わんちゃんのサインですが、以下のことを参照にしてください。

頭を激しく振る行為をする

耳をよく掻く

耳が腫れる

耳から臭いのきつい垢がでてくる(茶色い垢や黒い垢)

耳垢がべとべとしている

外耳道の皮膚が分厚くなる

耳の中に湿疹ができる

耳を触るのを嫌がる

今回参照したHPはわんちゃんポンポですが、もっと詳しいかなと思ったHPは

どうぶつ耳科専門クリニック主の枝 http://www.sugimura-animal-clinic.com/report/です。

よかったら、一度みていただきたいなと思います。

後編は、ホリスティック医療の点から少しだけ考えてみたいと思います。

では、今日も元気で(#^.^#)

smile maker shu

スマイルメーカーシュウでは、飼い主様・ペットの心身ともに健康であることのお手伝いをさせていただく事業を行っています。飼い主様・人様向けにリラクゼーション事業をペット向けにはペットシッター、マッサージ、フード販売を行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000