肛門絞り!?(特に小型犬)

おはようございます。

今日は久しぶりに涼しいと感じる朝でした(#^.^#)

さて、今日のタイトルは肛門絞りについて書きたいと思います。

肛門絞りって聞きなれない方もいるかもしれませんが、肛門嚢炎になることを防ぐために、

人が犬の肛門嚢を絞ってあげることとです。肛門嚢は肛門を中心にして、時計の4時と8時の位置にあり、肛門に向かって押し上げるように絞ってあげます(つまむ)。

肛門嚢には、分泌液がたまるようになっており、その分泌液の役割としては、ニオイの識別のため(仲間かどうか)と考えられているそうです。肛門嚢の分泌液は通常、排便時や肛門周辺の筋肉が収縮した時に、押し出されて排出されます。ただ、この排出がうまくいかなくて液が溜まりすぎたり、開口部から入り込んだ細菌やカビに感染すると肛門が破裂してしまいます。これを肛門嚢炎といいます。

ここで、愛犬が肛門絞りが必要かなっというサインは、お座りした状態でずずーっとすって歩いたり、肛門をしきりになめたり、おしり付近から、臭いにおいがするときだとされています。また、小型犬や老犬は肛門絞りが必要とされることが多いみたいですね。犬種ではシーズーやマルチーズは特に肛門嚢炎になりやすいみたいです。

前の愛犬が肛門をなめたりして、肛門に腫れ物ができてる感じだったので、獣医師さんに見てもらった際に、私も肛門絞りを何度かしてあげました。

シャンプーのときに行うのが、やりやすかったですね。

今小型犬を飼ってる、中型犬を飼っているけどなかなか肛門絞りをさせてくれない場合は、トリミングの際にトリマーさんにお願いしておくといいですよ。もちろん獣医師さんにやり方をきいてすることもいいですよ。

では今日も一日楽しみましょう!

smile maker shu

スマイルメーカーシュウでは、飼い主様・ペットの心身ともに健康であることのお手伝いをさせていただく事業を行っています。飼い主様・人様向けにリラクゼーション事業をペット向けにはペットシッター、マッサージ、フード販売を行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000