尿の色って(犬編)

おはようございます。

まだまだ暑い日が続いていますね。

今日は何気なく普段散歩させていて、ふと健康な尿の色ってどんなのかなーと調べてみました。

本日はLife with petさんのホームページを参照https://www.bayer-pet.jp/pet/health/nyocheck.html

して、簡単にまとめました。

正常な尿の場合・・・淡い黄色又は(オレンジがかった黄色)。個人的にはオレンジがかった黄色は

判断しにくいので、淡い黄色で判断がよいかと思います。

理由として、濃い黄色やオレンジ色に見える場合は、急性肝炎やバベシア症などが疑われることもあるそうなので、獣医師さんのオレンジ色ぽかったら、すぐ相談がよいと思います。濃い黄色はほかに

泌尿器科系の病気も疑われるかもしれませんね。

赤茶色に見える場合は、急性フィラリア症や貧血、タマネギ中毒などが疑われるそうです。

普段あんまり気にしていませんが、できれば、毎日確認してください。

こちらも個人的意見ですが、体重が標準体重より重い、年齢が8歳以上、元気がない、散歩にいきたがらないのどれかに当てはまるわんちゃんはちょっとチェックしておいた方がよいのかなーと思います。

私が飼っていた愛犬は15歳と高齢になった時に血尿がでました。散歩はいくし食事もするのですが、彼なりの気遣いだったのかもしれません。血尿がでてからは、体力や免疫力ががたっと落ちましたね。そのあと動物病院にお世話になりましたが、高齢なので難しいことがたくさんありました。

ワンダフルライフを送るためにも健康チェックと思ってたまに尿の色みてあげることをおススメします。




smile maker shu

スマイルメーカーシュウでは、飼い主様・ペットの心身ともに健康であることのお手伝いをさせていただく事業を行っています。飼い主様・人様向けにリラクゼーション事業をペット向けにはペットシッター、マッサージ、フード販売を行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000