今鹿肉が…

おはようございます。

昨日の台風はひどかったですね。公園まわりにたくさんの木の残骸や

ゴミがありました。ちょっとは拾えたけど、多くて大変です。

今日の空の色はすごくきれいな青色ですね!

さて、本日は鹿肉が売れているということで、記事を書きます。

最近よくわんちゃんたちに鹿肉を与えているオーナー様も多いと思います。

鹿肉はエゾジカ提供が多いですね。

鹿肉の栄養の話とだいしてHPにあったので、興味のあるかたはご覧ください。

鹿肉の栄養の話 | 森から海へ

わんちゃんにとって栄養豊富な鹿肉はとても良い食材です。 というのは、犬はもともと狼でした。 狼は野生の鹿を食べて過酷な環境で生きてきました。 鹿肉は牛肉や豚肉と比べるとカロリーは3分の1、 脂質は80分の1、鉄分は豚肉の4.6倍、鶏肉の9倍以上です。 また、アミノ酸やミネラルバランスも優れ、ビタミンAも豊富です。 青魚に多く含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)も 摂取できる総合栄養食なのです。 鹿肉といっても日本ではあまりなじみがないと 思いますので、鹿肉の良さをお伝えしていきます。 「もみじ鍋」という言葉を皆さま聞いたことがありますか? 実はこの「もみじ」というのは鹿肉の別名なんです。 昔から鍋物などに利用されており、 当時は貴重な高タンパク源だったそうです。 さらに低カロリー、栄養価も高いということで ダイエットにも向いているお肉だそうです。 また、鹿肉の消費が多いヨーロッパでは 高級食材として扱われていて、 その中でもドイツが世界最大の消費国になっています。 1.貧血予防 鹿肉には鉄分がとても豊富に含まれているので、 不足しがちな鉄分を多く補給できます。 2.生活習慣病予防 高血圧や糖尿病、肥満や脂質異常症などの 病気は生活習慣病として恐れられています。 しかし、それらの病気に実は鹿肉が効果を 発揮するとされているんです。 というのも、鹿肉に含まれているDHAには上記で紹介した働きのほかに 脳や神経組織の機能を高めてくれる という働きもあり、それらが結果、 高血圧や糖尿病などの改善につながるそうです。 3.不足しがちな栄養が一気に摂れる 多くのわんちゃんは、タンパク質やビタミン、 ミネラルなどの生活に必要な栄養素が足りていないとされています。 その点、鹿肉は高タンパクなのでおすすめです。 さらにいろいろなビタミン、ミネラルもまんべんなく 取れるということで、まさにスーパーフード。 わんちゃんの健康は食が重要だと感じる方は ぜひ食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。 4.低アレルギー 野生の鹿は主に草や木の皮や木の実を 食べて生活し、自然の中で育っています。 家畜ではなく野生なので、育てる過程で人工的な手が 加わっていないのが鹿肉の利点です。 通常家畜である、牛、豚、鶏は、成長ホルモン剤や 感染症を防ぐ抗生剤や輸入飼料が使われることが多いのですが、

森から海へ

簡単に言ったら、牛や豚に比べてカロリーが低く、脂質も低く、DHA含まれており、ミネラルやアミノ酸のバランスも良いみたいですね。

ただし、上記の業者製品の取り扱いはしていないので、鹿の栄養の参考として見ていただきたく存じます。

では、そんな素晴らしい鹿肉。実は先日仕入先との話の中で、人間が鹿を食べる機会が多くなり、

ドッグフードにいれる鹿肉が供給できないフード会社もでてきているとのことでした。

まだ、日本では田舎にいくと鹿はよく見ますけどね。

最近フードのことを勉強しているのですが、どこまで、信用性の高い環境下の中での商品かを

飼い主さまに判断いただけるかにつきるかもしれません。

飼料にアレルゲンになるものを与えていないフード業者がよいですね。ただし、最終的にコストは高いです。

または、料理をするのが苦ではないオーナー様くは手作り食をされるのもよいと思います。

私のところは、ドライフードが多いですが、3日に一回ぐらいで手作り食を出しています。

食いつきは手作り食がいいですね。

さて、今日も一日健康で過ごしましょう!

smile maker shu

スマイルメーカーシュウでは、飼い主様・ペットの心身ともに健康であることのお手伝いをさせていただく事業を行っています。飼い主様・人様向けにリラクゼーション事業をペット向けにはペットシッター、マッサージ、フード販売を行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000